ダウンザホールハンマー工法(岩盤削孔工事)

2014年2月(3)
2013年11月(1)
2011年10月(16)
2011年7月(1)
2010年11月(37)
2010年10月(1)





管理者用 ログイン画面
  工法紹介
ダウンザホールハンマー工法(岩盤削孔工事)



【工法名】ダウンザホールハンマー工法(岩盤削孔工事)

【概要】
ダウンザホールハンマー工法とは、コンプレッサーからの圧縮空気の供給により、シリンダー内のハンマーピストンが往復運動をおこしビットを打撃し、打撃されたビット先端の超硬チップが岩盤を破砕する工法です。山留工事や仮設工事の親杭(H鋼杭)の削孔に用いられるほか、山間、港湾、河川内、地形の起伏・水中掘削・孔壁の崩壊など、さまざまな条件の掘削対象に、確実で柔軟に対応できます。

【特徴】
日本の複雑で多様な土質条件に最適化した工事技術。あらゆる自然環境に対応し、各種建設土木事業にあたって、地形に対応し確実で柔軟な掘削施工をする工事技術。

■日時 : 2010-11-03 14:13:04■工法・技術